スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

たまスーパー駅長に会ってきました


こんにちは、ポムです。
3/11に、わかやま電鉄貴志川線の貴志駅に行って来てん。
知ってるひとも多いと思うけど、この駅におるスーパー駅長さんに会うてきてんで。


改札業務中のたま駅長さん。
改札に置いてあるいちごのカドラーに載って改札業務しはるらしい。立派な帽子とネームタグがよう似合うてはるわ〜。


ミーコ助役(たま駅長のお母さん)とツーショット取らせてもろたで。


こっちはちび助役。たま駅長が育ての親やねんて。


「みなさん貴志川線に乗りにきてください」とPRするたま駅長。

この日は平日やってんけど、それでも駅長たちの周りにはずーっとお客さんらが取り巻いてる状態やった。

たま駅長はじめ、ミーコ助役もちび助役も、嫌な顔もせんと粛々と接待役をこなしてはったわ。
駅長業務も大変やなあ。

そうそう、貴志川線といえば、いちご電車も有名やね。
ボクは行きも帰りもいちご電車に乗ったで。

外装は白地にいちご柄がかわいらしいねん。

ウッディな内装もええなあ。床とかブラインドとかも木製やねんで。

座席のシートもいちご柄や。

ほかにも「おもちゃ電車」っちゅう車両も走っとるらしいねんけど、残念ながら行った日は運休やってん。次の機会に乗ってみたいわ。

おみやげはいちごと晩白柚。

ほかにも「はるみ」っちゅうみかんと、はっさくも買うてきたんやけど、はっさくが特に美味やったらしい。

今回は車で貴志川線の伊太祈曽駅まで行って、そこから貴志駅まで電車に乗ったんやけど、和歌山からのんびり電車に乗るのもよさそうやと思ったわ。
これからの季節やったら、いちご狩りも近くで楽しめるらしいで。

詳しい情報は、たま駅長たちの飼い主さんのブログもチェックしてみてな。
『市民列車でいこう!!貴志川線応援ブログ』

もうちょっと写真見たいひとは「続きを読む」をクリックしてや〜。
↓↓↓
続きを読む >>

そうだ、京都 行こう。後編

こんにちは、ポムです。
今回は四条あたりをぶらついた時のお話をさせてもらうな。(前編はコチラ

四条あたり、って言うても目的地は錦市場やってんけどな。

だいぶ観光地っぽくなっとる気がするけど、おばんざいやら京野菜やら色んなもんが売られとって、ぶらぶらするだけでもなかなか楽しい所やねん。

ぶらぶら歩きのおともは、『こんなもんじゃ』の豆乳ドーナツ。お店は錦市場の西の端っこらへんで、いっつも行列が出来とるからすぐわかるで。

行列言うても回転早いからそんなに待たんでよかってん。
ドーナツは一口サイズで、ふわっと軽くて、あっとゆう間にペロリやで。


京野菜を使ったおばんざいランチが食べられるお店『やお屋の二かい』には、いつのまにか姉妹店『やお屋のはなれ』がはす向かいに出来とった。ぺんちんが前からいっぺん食べてみたいってゆうとるんやけど、予約せんとなかなか食べられへんらしゅうて、今回もチャレンジでけへんかってんて。ちゃんと計画立てて行動せえへんからやで〜。

錦市場に行ったもうひとつの目的は『大國屋』さんの「ぶぶうなぎ」。店頭ではお買い得な「くずれぶぶうなぎ」が売っとったから、それを買うて帰ってん。甘辛くて濃ゆい味に炊かれたうなぎで、山椒が強すぎずちょうどええ感じ。これぞ「ごはんのおとも」っていう味やで。ぶぶ漬け(お茶漬けのことやで)にしてもエエけど、そのままでもウマイで。むっちゃごはんが進むから、ある意味キケンな食べ物かもしれん。

錦市場の東の端っこまで来ると、錦天満宮があったから寄って来たで。

境内はこぢんまりしとったけど、ちゃんと牛さんがおったから、頭なでさせてもろてきてん。


そうそう、京都と言えば漬け物も買わんといかん、ってことで『村上重本店』へ。

○○年前、京都によう行くぺんちんの友だちMちゃんに教えてもろて以来、京都に行く度になんか買うて帰ってるらしいわ。千枚漬けがおいしいらしいねんけど、まだ試したことないねんなあ。今回買うて帰ったんは菜の花漬け。ほんのりほろ苦くて春の味やな。


そのあと祇園まで歩いてん。ぺんちんたちにしてはよう歩いたなあ(笑)
晩ご飯をいただいたんは『豆水楼 祇園店』さん。

京都やしお豆腐でも食べたいなあと思って行ってみたんやけど、時間が早かった事もあってか、予約もしてへん一見客でも待たずに無事に入れたわ。

今回は一番お安い(笑)東山コースを注文。

これ以外に最後にシャーベットも付いてくるねん。どれもおいしかったし、なかなかなボリュームやったわ。メインのおぼろ湯豆腐はおかわりもできるんやで。
おぼろ豆腐、夏場は冷や奴で出してくれるらしいわ。それもウマそうやなあ。

今回のレポはここまで。やっぱり観光は一切なしで食べてばっかりやったなあ(笑)
今度はどこに連れてってもらえるかなあ?そろそろ春やねんし、ボクの出番増やしてほしいわ〜。

2007.03.21 up

そうだ、京都 行こう。前編

こんにちは、ポムです。
なかなかぺんちんが登場させてくれへんから、ちょっと久しぶりになってしもたけど、みんなに忘れられてへんやろか?ちょっと心配やわ。

今回は京都に行ってきたときの話やで。
日付が古いんは、行った日になってるからやねん。あんまり気にせんとってな。

電車に乗って1時間くらいで京都に到着。
最初に五条大橋の『半兵衛麩』さんにおじゃましたで。

このお店は古うからお麩や湯葉を作ってはるお店なんやて。
ぺんちんたちは「笹巻麩」っていうこしあんの入った生麩まんじゅうを目当てに来たんやけど、それ以外にも生麩(よもぎ麩と利休麩)と田楽味噌を買うてたで。買うたもんの写真はうまく撮れへんかったからお見せでけへんのやけど、どれもむっちゃうまうま言うてたで。もちもちした食べ物が好きなひとにはおすすめや。
お店では、予約したらお麩や湯葉を使った「むし養い」料理を食べさせてくれるらしいわ。いっぺん試してみたいってぺんちんが言うてるわ。

お麩を買うたら、橋渡って烏丸に向かっててくてく。10分も歩かんうちに、今回のプチ旅行(?)の目的地『キトゥンカンパニー』さんに到着!ちょうどこの時期、『おうちにゃんこ展』っていうイベントをやってはって、それを見にきたんや。
お店はこぢんまりしているけど窮屈な感じはなくて、ほっこりなごめる雰囲気。

壁やディスプレイ用のテーブルに、いろんな「おうちにゃんこ」たちへの愛情あふれる作品が飾ってあった。作品数は多くはないけど、どの作品からも「ウチのコ」への愛情がいっぱいにあふれるものばかり。モデルになったおうちにゃんこたちのプロフィールも用意してあって、なかなかおもしろかったわ。

キトゥンカンパニーさんでは、やまちんはチャイとケーキ、ぺんちんは宇治の紅茶とスコーンをいただいてたで。ケーキ類は手作りなんやて。素朴でいいお味やったらしいわ。
ティーポットマットにちっちゃいにゃんこさんの刺繍があったり、チャイを入れたボウルもねこさん柄やったりってとこもカワイかった。


帰り際にお店の前で記念撮影しとったら、お店のマスコットのハナウターシャさんが出てきてくれはって、ツーショットさせてもろてん。ボク、ちょっとキンチョーして上向いてしもとるなぁ。


次は七条に下って、『ねこまや』さんへ。作家モノを扱ってるちいさな雑貨屋さんなんやけど、この期間にちょうど『ねこ展』をやってはるってことやったから寄ってみてん。

お店の中はぎっしりねこさん雑貨でいっぱいやった〜。
ぺんちんは大野隆司さんのねこの手シリーズが気に入ったらしく、小物をいくつか買っとった。

ねこの手はっ手はっ手シールと、小さな原稿用紙(ねこの手柄)と、手ぬぐい(ねこの手柄)やで。
ほんまはてっちさんのニードルフェルティングで作られた手乗りにゃんこも気に入っとったみたいやけど、結局買わんと帰って後悔しとったわ〜。

『ねこまや』さんからほど近いパン屋さん『Rauk』さんにも寄ってみたで。バゲットとか食パンとかも気になったんやけど、今回は林檎の紅茶パンと無花果の赤ワイン煮カンパーニュ、あとは日持ちしそうなラスクを買うてみた。カンパーニュがかなりぺんちん好みの味やったらしいわ。

この後四条方面に向かってんけど、その話は後編に続くっちゅうことで。

2007.03.20 up